使い切れず余った場合

硬貨

手数料などにも注意

Amazonと言えばインターネットショッピングサイト大手であり、取り扱っている商品も多いことから利用したことがあるという人も少なくありません。Amazonはその取り扱っている商品の多さだけではなく、支払い方法の多さも特徴の一つとなっています。中でもAmazonギフト券は自分で利用するだけではなく、人にプレゼントしたりすることが出来るために持っているという人も少なくありません。しかし、何かの機会でAmazonギフト券を手に入れたものの、使わないので出来れば換金したいと考えている人もいるでしょう。最近ではAmazonギフト券を換金するためのサイトも多く存在しているため、使わないAmazonギフト券は気軽に換金することが出来るようになっています。しかし、そういったサイトを利用して換金する際には、初心者は注意しなければならないこともあります。多くの人が気になるのがその換金率ですが、一般的には相場は70%から85%程度となっています。中にはもっと換金率の高いサイトもありますが、こういったサイトは利用すると思わぬ損をしてしまう場合もあるのです。Amazonギフト券を換金するにはいくつかの手順が必要になりますが、この際に手数料などが発生する場合があるのです。この手数料の支払いなどによって高い換金率であっても、結果的に手に入るお金が少なくなってしまう場合があるのです。そのため、Amazonギフト券を換金する際には換金率だけではなく手数料なども調べることが大切です。